胡蝶蘭の管理方法

胡蝶蘭は育てるのが難しい花としても有名です。
「本を読みながら管理したけど枯れてしまった」という声をよく聞きます。
これは日本で栽培される一般的な植物と管理方法が異なるために起きる問題です。
季節ごとのポイントを押さえれば、そんなに難しいことはありません。
下記に季節ごとの管理方法をまとめましたので参考にしてみて下さい。

○春~初夏
胡蝶蘭にとって過ごしやすい時期です。
この期間に一番気をつけなくてはいけないのは、昼間と夜間の温度差です。
胡蝶蘭がもっとも成長しやすい温度は15℃~25℃です。
特に春先は夜間が冷え込むので室温に注意しましょう。
10℃を下回ると株に負担がかかります。
また、日焼けの危険性があるため日中の直射日光には当てないように気をつけます。

○梅雨
胡蝶蘭の管理がもっとも楽になる時期です。
温度・湿度ともに最適なものになりますので室温などに気を使う必要はありません。
ただし直射日光は強くなってきますので、必ず遮光をして日光をあてます。
逆に曇りの日や雨の日は照明ではなく自然光を取り入れて胡蝶蘭に浴びせましょう。
水の遣りすぎには注意しましょう。

○夏
必ず日焼けしてしまいますので、日光に当てる際は70%の遮光が必要になります。
温度が高くなりますので密閉した空間に設置するのは避け、風通しがいいか空調が効く涼しい部屋に置いてあげましょう。
暑いので水を頻繁にあげてしまいがちですが湿度が高い時期でもあるので、一度にたっぷり水遣りをしたら鉢の中が渇くまで放っておいて大丈夫です。
逆に鉢の中が常に湿った状態になっているとカビや病気が発生しやすくなりますので気をつけて下さい。

○秋
気温は下がり始めますが日差しが強いため引き続き遮光ごしの日光にあてて下さい。 西日にはあてないようにしてください。
また、夜間が急に冷え込む場合があります。
夕方の気温が下がり始めたら室温に注意し、必要に応じて夜だけ場所を移動させるか、ビニール等温室効果のあるもので覆いましょう。

○冬
温度の管理に最も気を使う時期です。
日光にはできるだけあてつつ、日焼けしないように葉の温度をチェックしてください。
必要であればホットカーペット等の上に置き、15℃以上を保てるようにしましょう。
もし15℃以上を保てない場合は水遣りの間隔を通常よりあける必要があります。
根に対する水の遣りすぎはかえって根を腐らせるので注意して下さい。
一方で、一番乾燥する季節でもありますので霧吹きでの保湿は心がけましょう。